スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイルの混合について
こんばんわ。 今日も暑かったですね。

運転していると、右腕が焼けました。
まあ、夏の名物みたいなものです。

さて、質問がありましたのでお答えします。

「オイルの粘度は、ブレンドしてもいいですか?」

あるいは

「同じメーカーのオイル(製品違い)を混ぜてもいいですか?」

という内容です。

これは、一般のユーザー様からもよくある質問です。

お答えですが、ズバリ

「お薦めはしません。」


一番みなさんが気にされるのは、混ぜた後の効果として、
「化学的に作用しあって、悪さしないか?」という事だと思います。

同じメーカーの商品同士であれば、かなり特別な場合をのぞいて
そういったケースは起こらないと思われます。

もし、そういった事があるのなら、同じエンジンに
同じメーカーの別グレードの商品を入れることはできません。

リスクが非常に高くなってしまいます。

メカニックだけが扱うのならいいのですが、
一般の方がそれとなく使用しているケースもあるでしょうから、

メーカーとしても「悪さ」を起こすような製法は避けるのが
通常だと思われます。

ただ・・・

メーカーは、「その商品単体で」使うための製品チェックと製造を
普段からやっています。

ブレンド比率はケースバイケースでしょうから、
そこまで「絶対に」O.Kとは言いがたいのが現状です。

ですから、ブレンドされる場合は、「メーカー保障は、ブレンドした時点で切れる」
と考えてください。

特に、ギヤオイルはそうなります。

使われる場合は、あくまでも「使用者さま側の判断(と責任)で。」
という事になります。


もともと、ブレンドしてお好みのオイルにして・・・
という商品ラインがありますよね。(AMALIE,YACCO,MEISTERにはありませんが)

それはそれで、最初からその設計をやっていますし、
ブレンド比率表なんてのも、メーカーによっては存在しています。

それが無い限り、「やってもいいですよ」とは言えない、というのが
お答えになるかと思います。



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。