スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リース車輌のオイル交換
リース車輌の整備代金、安いのは知っていましたけど、
いまさらですが、オイル代も安いですね。

ここに書いちゃあアレなので、
しかし ○00円/L のオイルの世界です。



先日、お客様より、「とにかく安いオイル」
というリクエストが入りました。

AMALIE以外は、どのオイルメーカーが来ても
絶対に使わないお店です。

言い換えれば、AMALIEより他のオイルに関しては
まったく知らないお店なのです。

普段からリース車輌は扱わない整備工場なのですけど、
某社の車輌すべてを任されている関係で、
リース車輌2台も面倒を見ることになりました。

そして私に相談があったのです。



金額がリース会社から決められていますから、
その範囲内でオイルも交換しないとなりません。

そして、金額以外にもうひとつ、条件がついています。

「オイル交換のインターバルは、10,000km。」


安くて距離を伸ばせて、それでいて絶対にエンジンが壊れないオイル。

整備工場の社長は困っていました。


私は国産のオイルは、殆ど扱いませんので知識がないですから、
まず、価格面から相当するオイルを探しました。

価格的には、利益さえ抑えればどこにでもあります。

某国産オイルにしました。
ただ、距離の保障はできません。 自分トコのオイルではないからです。


それで、そのオイルメーカーに連絡を取ります。

一応調べてもらったのですが、ガソリン車でせいぜい5,000km。

その旨を整備工場に伝えて、納入O,Kになりました。



「とりあえず10,000kmくらい使えるかもしれません。
結果的に、です。 ただ保障はありませんし値段だけのメリットです。」

と正直にお伝えしておきました。


走行状態によって、エンジン負担は変わります。

どの程度でダメージが出るのか解りませんし、
ドライバーもリース車輌であれば、色々です。

走行パターンも違えば、行く場所も毎日変わるようです。

この車輌2台は、この半年で2万キロくらい走っています。
その間のオイル交換は、AMALIEでした。

今後は、リース車輌として整備になるので、
安いオイルでコストを抑えることになります。

オイル減りはAMALIEではありませんが、今度のオイルでは
どうかわかりません。

「とりあえず伏線は張っておいてください。
距離5,000km以内でチェックもしくは交換。これを守らないと知りません。」

整備工場も大変で、10、000km余裕で走られると困りますし、
トラブルが出ても責任は整備側になるそうです。

「とてもじゃないが、クルマを長持ちさせる事はできない。」

と嘆いておられましたし、大した利益も発生しないのに
義務と責任だけ付いて回るので、困っていました。



リース車輌は、アップするまでクルマが持てば
それで良いのですね。

かなり整備泣かせです。

安いオイルで期間内だけ持てば、それでいいのかもしれません。

ただ、「クルマを専門に扱う」側からすれば、モチベーションは
どうなのでしょうか。

クルマに人格はありませんが、そのように使用されるクルマとしては
本望なのでしょうか。

まして、トラブルを大いに誘発する可能性のある事態を
あからさまに「コスト削減」の名の元に、声高に主張する
会社側の考えは、如何なものなのでしょうか。



使い捨て扱いにされる車、それに乗らされる人間、
整備に全神経を使って、綱渡りで整備をせざるを得ないお店。

現場では実際に、オイルに関するトラブルで困っています。

そこを救い上げていない実際の場面がいかに多いことか。

環境、が流行りの昨今ですが、

実は現場以外では、環境の事よりも、
いかに安く経費を抑えるか、が殆どになっているな、
と感じています。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。