FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人 × モノ × ○○
こんばんわ。 

今日は立て続けに注文が
入った日でした。

やる事がいっぱいあったのですが、
電話、メール、そしてYACCOの通関が
切れたので物流処理。

そんな所に「早く持ってこい!」の
電話が何本も・・・。

で、バタバタしていました。


さて、またブログ・セミナーです。

オイルに関するアレコレだけでなく、
ここでは誰も詳しく教えてくれない

「本質」

の部分も書いていきます。



みなさん、お客さんを持っていると
思うのですが、

お客さんは「何で」ウチのオイルを
あなたから買ってくれるのでしょう?


「商品が優れているから?」
それは正解です。


でも、それ「だけ」ではお客さんは
購入には動かないのです。

もし自分がモノを買う時、例えば
缶ジュースを買う時でもいいのですが、

そういったお客さんの目線、言い換えれば
どういう時に財布からお金を出そうとするのか

その気持ちで少し考えてみてください。


缶ジュースはどこでも買えますし、ブランド志向も
普通はありません。

でも、結構みんなノドが乾いたら
お金さえあれば買う事もあると思います。

ですから、絶対に商品価値だけで
お客さんは買おうとしていない
、というのを
知ってください。

これはどんな商売でも通じる原則です。


では、「買おう」とする時のお客さんの心理とは、
どういった状態なのか?

それは

「感情が動かされた時」 です。


なんのこっちゃ、と感じると思うのですが、
人は、感情が動かないと行動も変わりません。

缶ジュースの場合、「買ってみようか」という
感情が出ないと、財布から120円出して
自販機にお金を入れることは絶対しないのです。

ですからお客さんにモノを買ってもらう時は、
感情を動かさないと、買ってもらえません。

まずはコレを知ってください。


商品が良くても買ってくれます。

でも値段がどうの、とか、
他社ではどうの、などの
余計な話も引っ付いてきて

お客さんはそこから比較論で
最後は落ち着いてしまいます。

これは絶対避けたいですよね。


でも誰でも経験があると思うのですが、
理屈でなく、なんとなく買ってしまった。

こういう場合は、本当に説明のつかない
感情、つまり「感覚」だけで
動いているのです。

これをお客さんに提供できれば
免許皆伝です。


では具体的にどうするのかと言うと、
「商品」だけでなく、「人」を売り込んでください。

お客さんの心理は、大体の場合は、

「その商品」を、「その人」から買いたい。
という公式になっています。


その商品を買いたい、では足りないのです。

その人から買いたい、をプラスしないと
あなたの売上は上がりません。


ここが本質です。


商品を買うだけなら、いくらでも方法は
存在します。

今はどんな手段もありうる、
恐ろしいご時世です。

そこをスルーしないで下さい。

商品を「あなたから」買って貰わないと
意味がないのです。


「あなたから」購入してもらう為には、
別に太鼓持ちをする必要なんて
ありません。

接待をしたり、販促品を差し上げたり
無理にペコペコするのは逆効果です。

それは大手の他社でも
できる事です。

あなたには、あなたの武器があります

それをお客さんにアピールしてください。
そこにヒントが必ず眠っているはずです。


自分のアピール・ポイントがわからない場合、
他のお客さんに聞いてみます。

同じ仕事仲間で、正直に話してくれる
そんな人がいれば、ブッチャケ
聞いてみてください。

自分で知らない自分が
そこで発見される事になります。


さて、人の魅力がわかりました。
商品も良い。

これでお客さんは、あなたからしか
買いません。

それで良いのですが、実はこれは
第一段階です。


こんなのは本質がわかったら
3ヶ月で他人にマネされてしまって
すぐに使えなくなります。

ですので、ある要素を加えます。

すると、どうなるか?


続きは次回にお話します。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。