スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口裂け女

こんばんわ、閣下です。

ほとんどのオイル使用者は
勘違いをしています。

「燃費改善=低粘度オイル」

粘度の低い0w-を使えば、自分の車の燃費が
劇的にアップする、と信じています。

信じている、と言うよりただそのように
思い込んでいるようです。

「なんでそう思っているのか?」

理由は簡単です。

それは広告と噂、そしてショップ店員の
薦め方に原因があるからです。

「オイルですかぁ? 今は
このオイルで燃費が伸びますよ」

と聞けば、知識の少ない一般のお客様は
その通りに従わざるをえないのです。

実際、取扱い説明書にも低粘度の表記が
書いてあったりするので、整備屋さんの中でも
よく知らない場合はそのまま信用してしまいます。

「0Wを使わないといけない。」

と疑いはあるものの、正しい情報がありません。

なので必死に低粘度オイルを購入するのです。


 オイルの粘度が柔らかい

=抵抗が少ない
=エンジンの反応があがる
=燃費が良くなる

全ての車がこのように繋がればラッキーです。

でも実際にはデータ通りにはなりません。

何度もこのブログで書いているように
そのクルマ、バイクに合った適切な
オイル粘度をセレクトする必要があります。

我々には当たり前の結論であっても
必ずしもマーケットでは認知されていない
典型的な例だと思います。

「みんなが言っている」
「本当かもしれない」
「そうしないとマズいんじゃぁ…」

多くの人がこのように考え、そして
正しい答えを意識せず過ごしています。

実にもったいない、と思います。

世間の噂は一体どこから出てきているのか?

ほとんどの人はそれが判らないので
根本理由を知らずに

ただ「そう思う」

という『イメージ』で結論を
優先させてしまいます。

それはほとんど「妄想」です。

お客さまのショップにデータがあるのですが、
「低粘度指定エンジン」に10W-40を使えば
燃費は23%ほど、悪化します。

これは事実です。

このように根拠があれば納得できますが
そうでない憶測が固定化すると、もはやそれは

『都市伝説』

の域になってしまいます。

そうです。伝説です。

妄想=イメージ=憶測 → 固定概念。

このパターンは人間心理ですが、
少し間違えば怖いものです。

もし一般のお客様から問い合わせがあれば
キチンとお答えしています。

今日も1件ありました。

オイルを使うお客さまは、ほとんど
オイルの知識を間違えて使っています。

これは何とかしたい。

ですから間違った情報はダッシュのスピードで排除して、
正しい知識をお伝えしたい、と思っています。

なぜなら私たちは、どう逆立ちしても
オイルの専門家だからです。

「有益な情報=お客さんの満足」

が信頼に繋がるものだと思います。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。