スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなに使うのですか?
先日、お客様からオイルの選定で、チョットびっくりするお電話がありました。

マツダのアテンザ。H17年式で指定は0W-20です。

前回、AMALIEのプロSYN 5W-30を使ったので、今度はエリクサー5W-50を使いたいのだが、
とのことです。
まあ、エリクサーでピッタリではないと思いましたので、ここでいつも私が聞く質問をします。

「全走行距離はどれくらいですか? 前回のオイル交換からどれくらい走ってますか?」
「前のオイル交換から今までで、気になった点などありますか?」
「ドライバーさんは、主にどういった所を走りますか? 走り方は?」


他にももっと聞きます。できるだけ詳しくヒアリングします。
たぶん、他の営業マンが聞かないくらい、細かく聞きます。

大体、5つくらい質問されると、お店さんはヒクのですが、
熱心な人は、必ずお答えくださるので助かります。

実は、これくらい聞いて教えてもらわないと、お互いに勘違いしたまま
オイルを使ってしまうケースが考えられます。

この場合、聞いていて良かったケースでした。
このアテンザ、なんと、オイル無交換で2万㌔走っていました!

今回、たまたまウインカーのランプが点かなくなったので、
馴染みの整備工場へ入庫したのですが、
それがなかったら、まだ走り続けるつもりだったようです。

「オイル減りは?」と、少し緊張しながら聞いたのですが、
「ウン、まったく減ってない。」

との事。 これにも正直ビックリ。

いくらAMALIEとはいえ、2万㌔も走るのはチョット・・・。

オイルが持ったのでしょうが、それはウチとしても自慢にはなりません。
それ=性能の証明 にはならないのです。

もう、オイルとしての基本性能が無い状態で
走っているのであったら、それはダメです。

私はすぐに、お客様のもとへスッ飛んで行きました。

現状を確認させてもらいましたが、本当にまったくオイル減りゼロ。
エンジンも絶好調、なんの不具合もありません。

整備工場の社長も口をすっぱくしてオイル交換に来い、
と言っているのだそうですが、なかなか入庫に来ないクルマだそうです。

「いやあ、AMALIEは本当にスゴイねえ。」と整備工場の社長。

ユーザー様より、オイルとお店を信頼なさって頂けるのは、ありがたいことです。
でも、適切な「オイル管理」で走らないと、
せっかくのクルマもオイルも台無しです。

絶対にこのオイルは○万㌔無交換でもO.K(走行距離の保障)、というのは、
私は言い切れません、という事を、
私のお客様はご理解されています。

それは走る状況によって、前提が変化するからです。

それが冒頭の、「どこを走りますか?」という質問です。

0W-20指定のクルマだから●●のオイルで・・・ とか
エンジンが○○だから△△W-△△の粘度で・・・
という判断は危険です。

詳しくは長くなるのでカットしますが、
くれぐれも単純にオイル(特に粘度)を選ばないでください。

クルマの状況や走行エリア、走り方、走行距離なども考慮してください。
見た目よりエンジンクリアランスは変化しています。

このアテンザH17年式。

結局、これからもオイル交換に来ず、長く乗り続けてしまう可能性があるので、

「さらにもっと早く来て。」という事を、整備工場さまも言い続ける、のをお願いして
保険の意味もこめて
ウチからのスペシャル・オイルを出しておきました。(医者みたいですね)

このオイル、本当にスペシャルなのですが
正直、こんな所で役に立つとは思いませんでした。


コメント
No title
オイルはフルマラソンの完走状態まで使うのは避けています。
AMALIEで、5,000km、YACCO 8,000km、MEISTER 10,000km くらいで換えています。
もっと持つのですが、「持つ」のと「持った」では意味が違いますから。
大体、上のタイミングで換えているのは、他のグレードもテストしたいからで、
オイルによって特徴というかメリハリがハッキリわかります。
ただ難点は、新油効果が薄い、という事。
まだ全然つかえるオイルの状態なのにテストのために換えざるを得ない。
一度、ギリギリまでフィーリングが落ちた、と実感できるところまで
ひっぱってみようと思います。(前もやったけど中途半端でした)
2008/12/22(Mon) 22:37 | URL | 閣下 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。