FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替メリットって、あるのか?
こんばんわ。

原油があがっています。 すごいですね。

ヨソ様はこれに注意しておけば、いいのかもしれませんが、
ウチの場合、もっと気をつける部分があります。

それは、



「為替」


です。


よく、「万和さんは為替メリットが出て、いいねえ」
と言われます。

言われたくない位、かなり言われます。

でも、知っている人も多いと思いますが、
為替メリットって、あんまり出ていません。

みなさん、いくら位なら、そう感じるのでしょうか?

おそらく判断材料は、マスコミやニュースでの
報道のされかた1つだけでの事だと思います。


実際、今くらい為替が円高に進んだのは、
昨年の12月ころです。

この頃から、確かにウチも買い付けが
すこし楽に計算できるようになりました。

ただ、皆さんご存知ない事が1つありまして、
いくら為替が円高であろうが、ですよ、

「実際のオイル単価」

は、無視されて、「円高 = 輸入者は得」

という公式を引いていると思います。


はたして本当に、「実際のオイル単価」は無視しても、
ウチは得なのでしょうか?


12月に、アメリカからオイルを輸入していますが、
オイル単価がすこぶる高くて、この時は

「史上最高値の支払い」

という、ありがたくもない記録を作ってしまいました。


その頃から円高に流れていった分、

世間的には、ニュースで報道されているような為替で、
ウチがオイルを購入できている。

と思われています。


これが、輸入している立場の側からすれば
とても心外なことなのですが、

どうしても、そう思われてしまう現実に、苦しんでいるところでもあります。


スタッフや代理店さんは知っていると思いますが、
AMALIEの輸入、今、手持ち在庫がまあ、ありますので、

先の買い付けをしていません。

今、為替は94円です。 安いから買っておきたい、と思っています。

でも、長期在庫としては買えません。
ですので、実際には次回は、9月くらいに入庫するような
計算になると思います。

9月です。

ウチは、「その日の為替で決済確定」 ですから、

今、買い付けしても無意味です。


9月の入庫 の時の為替が適用されてしまいます。
9月には、為替は一体、いくらになっているのでしょうか?

そんな不安定要素を抱えながら、3ヶ月以上先の在庫を予想して
計算を立てています。


今、安くても買えない。次は9月。
その時、為替がいくらになっているのか?


ですから、とても計算してまでメリットが出る、
という事は、実はありえないことなのです。


あと、もう1つ、ウチでメリットが出にくい要素があります。

それは、

「ユーロ」 です。


みなさん、ドルは気にしているみたいですが、
ユーロに関しては、いつも知らないようです。

「前は130円だったのに、今は単価があがって、
為替も更に160円なんですよ。」

と言っても、ヨーロッパからクルマを買い付けしている
外車屋さん以外は、「反応なし」です。

いくら説明しても、その大変さがわかってもらえません。


今、丁度ユーロが、またジワジワ
あがってきています。

ドルや株価とは、無関係で動いています。

もちろん、原油の事情とも関係ありません。

独立独歩です。


こうなるともはや、ウチはなんのメリットどころか
逆に負担が増えてきています。


だからと言って、為替によって
価格が変動する、といったことはありません。

いまだかつて、そういった事は、
私が入社してから今日まで、一切ない事です。


本当はそうしたいのですが、

あまりにも目まぐるしく為替が変動しますと
現場も混乱します。

ですので、メーカーからお達しがない限り
現行で進めているのが実際のところです。


みなさん、ご理解いただければ幸いです。

為替の安いときに、ウチはオイルを買えていません。
ですから、そういうメリットは出ません。

むしろ、実質努力ではなく、システムの問題として得た利益は、
なんとなく儚い部分もあります。


ただ、これも輸入オイル、ひいては
原材料を一切持たない、小さな島国では
どちらにしろ、何らかの形で海外の影響を受けてしまう

そういった環境にあることは避けようのない事実だという事です。











コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。